日本で初めて労働組合をつくった男

トップページ



労働組合期成会






労働組合期成会規約

第一章   総則

第一条   本会は我国労働者の権利を伸張し其美風を養成し旧弊を除去し同業者相互に親睦する組合の成立を期するを目的とす。

第二条   本会を労働組合期成会と称す。

第三条   本会は事務所を東京市日本橋区本石町一丁目十二番地に置く。

第四条   本会は既設組合と連絡を通して利益を交換し又労働者の組合を組成せんとする者あらば之を補佐奨励すべし。

第二章   会員

第五条   本会に入会せんとするものは本会規定の書式により会員二名以上の紹介を得て事務所に申込むべし。但し役員に於て承諾せる会員には直に会員証を附與す。

第六条   退会せんとするものは其理由を記し事務所に申出つべし。

第七条   会員他に転住したるときは事務所に通知すべし。

第八条   会員は友愛の情を以て互に補佐匤正し会員たるの名誉を完ふすべし。

第九条   会員にして本会の体面を汚損し又は会規に反するものは役員会の決議を以て退会を命ずることあるべし。但し右の処分を為したるときは幹事は次回集会に於て報告すべきものとす。

第十条   本会に功労あるものにして事情会員たるを得ざる者は幹事会の決議を以て之を名誉会員に推薦す。

第三章   役員

第十一条 本会は役員として幹事常置員及び会計若干名を置き其任期を一カ年とす。

第十二条 常置員は十五名とし記名投票を以て在京会員中より選挙し幹事五名及び会計二名は常置員中より互選を以て選定す。但幹事中より互選を以て常任幹事二名を選定するものとす。常任幹事には本会計の許す限りに於て其実費を支給するものとす。

第十三条 朝野知名の士にして本会に対し厚意を表する者は幹事会の決議を経て之を評議員に推薦し本会の重要なる会議に参與せしむ。

第十四条 幹事は本会の会計及庶務を整理し常置員は幹事を補佐し会務を執行するものとす。

第十五条 役員の選に当たりたるものは止を得ざる事故あるにあらざれば辞するを得ず。

第四章   集会及雑誌

第十六条 本会は毎月一回以上雑誌を発行し之を会員に領布す。

第十七条 本会は毎月一回集会を催し会務上の相談をなし労働組合に要する事項を講ずる者とす。但し必要の場合には臨時会を開くことあるべし。

第十八条 本会の目的を達せんが為め知名の士及有志者を聘して演説又は講話会を開くことあるべし。

第五章   会計

第十九条 会員は毎月会費として金十銭を醸出するものとし若し本会の経費に不足を生するときは本会の決議を経て各自分?するの責めあるものとす。但し疾病又は事故ありて会費を納むること得ざるものは幹事会の決議を経て免除することあるべし。

第二十条 会計は毎月前月間の会計収支決算表を造り会員に報告すべきものとす。但し会員は何時たりとも事務所に於て会計帳簿を検閲することを得。

第六章   雑則

第二十一条 本会規則修正又は増補せんとするの必要あるときは定会出席者三分の二以上を要す。