日本で初めて労働組合をつくった男【労働運動の原点】


日本最初のデモ行進

明治25年12月21日午後1時30分、事件勃発

※この事件は東京の新聞のみならず、地方のローカル新聞や外国新聞でも大きく報道され、
衝撃的且つ歴史的な出来事として取り上げられた。



「職工義友会+労働者」VS「日本政府+陸軍省+資本家」



東京府下の靴工300余名が自らの権利を守るために、連帯・団結し、
国家と資本家に対して、計画的、且つ組織的な労働運動を決行!

この運動のピークとなるイベントが、明治25年12月21日午後1時30分に起きた。



日本最初のデモ行進の総指揮者は城常太郎だった!



日本デモ行進発祥の地は「日比谷公園」だった



 下記外国新聞記事発掘により、明治25年12月21日に東京の靴工たちが行った国会デモ行進が日本最初のデモ行進であったことが明らかになった。

THE SHOEMAKERS AT THE DIET・・・・・The House of Representatives was besieged on the 21st instant at about 1.30p.m., by a party of shoemakers about 150 strong, demanding an interview with the President. In the Budget now under discussion in the Lower House, the Government has included an appropriation for the establishment of a shoe factory to teach the soldiers how to make their own shoes and boots. Should this appropriation be granted thousands of shoemakers expect to be thrown out of employment. The excitement prevailing among them may well be imagined. They accordingly presented a petition to the Diet some time ago, and have subsequently been seeking interviews with the principal members. But the latter are said to have received them very coldly. Growing desperate at last, they mustered their forces on the 21st and proceeded to the Diet to enforce their petition by a public demonstration.....the first of its kind organised in japan. The President being occupied by his duties in the House, instructed his able subordinate, Mr. Hayashida Kamesaburo, a Secretary of the House, to ask what was wanted. Mr. Hayashida, perceiving that the shoemakers were making a demonstration of their strength, peremptorily refused to have anything to do with them unless they dispersed and left a few representatives only. After some difficulty, his firm attitude prevailed, and the crowd gradually melted away, leaving only six of their number headed by a man named Iwase Teizaburo. These six were then admitted into the House, and laid their case before the Secretary. They bitterly complained of the indifference shown to their case by the members of the Diet whom they had interviewed. They said that, if the measure proposed by the Government were conducive to the benefit of the people in general, they would not oppose its consummation, however much their private interests might be affected. But they were firmly convinced that it could not be productive of any good. The Authorities, citing a case that once happened in Germany, maintain that there is danger of a shoemakers, strike in time of war. But the representatives of the shoemakers were informed that there had never been an instance of such a strike in any country except the one quoted. Moreover, in this empire there is little likelihood of shoes being used in time of war, straw sandals having been proved to be better adapted to the requirements of Japanese troops on campaign. Hence, the shoemakers contended that from this point of view there was no reason for the establishment of a special shoe factory in the Army. In respect of economy, too, the measure was of doubtful expediency. At present 170000 pairs of shoes are annually required in the Army, and the authorities state that, if these shoes are made by the soldiers themselves, the cost per pair, which is now 1 yen 39 sen, may be cut down to 1 yen. The shoemakers, representatives strongly doubted the accuracy of this estimate. They said that, in their case, they had to pass 5 or 6 years in apprenticeship before they could become even tolerably good hands. How then could a soldier be expected to make good shoes during his three years, active service ? The shoes thus made must necessarily be of unferior workmanship, so that where two pairs are now sufficient, it would be then become necessary to have three. Moreover, the original materials are to be supplied by the goyo shonin officially patronized merchants as usual, and they know how to supply such things at figures very lucrative to themselves. Altogether, in the opinion of the shoemakers, the proposed innovation is exceedingly ill judged, being simply calculated to bring distress on thousands of honest and good workmen, without contributing to public economy in the slightest degree. They requested that the president of the House would kindly take the trouble to acquaint the members with the views they had thus far expressed. On departing they left a large package of closely printed sheets to be distributed among the members of the House. These documents, signed by about 20 shoemakers now in America point out the inexpediency of the contemplated measure, and pray that the members of the Diet will use their influence to avert a calamity needlessly impending over thousands of poor workmen. The documents had been printed at the office of the Japanese newspaper, AikokuPatriotism, in SanFrancisco.

☆☆☆

It must be mentioned, in justice to the shoemakers who made the above demonstration, that they refrained from any violent or disorderly conduct. They were as respectably dressed as their humble means could afford, some even wearing haori and hakama and they behaved with perfect propriety. It is impossible not to sympathise with their case.

THE JAPAN WEEKLY MAIL』(明治25年12月24日付け)





(英文記事和訳・著者)

・・・議会に靴工がデモ・・・

21日午後1時半ころ、帝国議会に約150人の靴工の集団が押し寄せ、衆議院議長との面会を要求して取り囲んだ。
現在、衆議院では国家予算を審議中だが、政府は、兵卒たちがみずから軍靴の造り方を学ぶための靴工場の建築費も、支出金に組み込んでいる。
もしこの政府支出金が衆議院を通過すれば、幾千人の靴工たちが失業することが予測されている。職を失う危機に瀕した靴工たちの怒りは、想像するに難くない。
彼ら靴工たちは数日前、主だった議員との面会を求めて、議会に請願書を提出していた。しかし、請願書は議員らにより冷たくあしらわれたという。
靴工たちの絶望はつのり、21日、ついに彼らは勇気を奮い立たせ、我が国では初の組織化されたデモとなる、国会に向けての示威行為におよんだ。
議会内の職務で多忙な衆議院議長は、議長代理として林田亀三郎書記官を派遣し、デモ隊との交渉に当たらせた。
靴工たちによる示威行為の混乱を収拾するため、林田書記官は団体交渉を断固として拒否し、デモ隊が解散した後なら数人の代表者と面会するという条件を出した。
それでもいくらか騒ぎは続いたが、ついには林田書記官の有無を言わせない態度が甲を制し、靴工集団は徐々に散り散りになり、靴工のリーダー・岩瀬貞三郎ら代表六名を残して解散した。
彼ら六名は議会内に通され、書記官との面会を許された。靴工のリーダーたちは、陳情を持ちかけた議員たちの靴工兵制度への無関心を厳しく非難した。
彼らの言い分は、「もし政府が発案した法令が一般国民の利益に適うものであれば、我われはその遂行に反対はしない。しかしながらこの法案は、国民の利益に悪影響を与える」というものだった。彼らは、この法案が生産的な結果をもたらさないということを固く信じている。
政府側は、戦時中に靴工たちがストライキをしたため軍靴が不足したドイツの事例を引き合いに出し、靴工兵制度の必要性を主張した。
しかし靴工の代表者たちは、そのドイツでの事例以外には、どこの国にも戦時中の靴工ストライキは起きてはいないことを指摘した。その上、我が帝国においては、藁の草履のほうが進軍するのに使い勝手が良く、実戦での軍靴の使用頻度は少ない。これらの見地からしても、軍内に直属の靴工場を設ける理由はないと言い張った。
経済的な見地から見てもまた、靴工兵制度が好都合なものかは疑わしい。現在、年間17万足の軍靴が消費されている。政府の説明によると、もしこれらの軍靴を兵卒たちがみずから製造すると、今現在1足につき1円39銭かかっているのを、たぶん1円にまで節約できるという。
しかし靴工の代表者たちは、政府によるこの見積もりの正確さに強い疑念を抱いている。兵卒がそこそこの靴を作れるようになるまでには、少なくとも5-6年の見習い期間が必要だ。たった3年間の兵役期間中に、良質の靴を造れるようになるほど上達するわけがない。

熟練の靴職人によって造られた高品質の軍靴なら一年に2足で充分足りるところが、未熟な兵卒によって造られたものなら、3足は必要になってくる。
その上、原材料の皮革は通常、認可を得た御用商人によって供給される。彼ら御用商人は、自分達がより儲かる値段で取引する術を心得ているので、材料の安価な仕入れは難しい。
靴工たちの意見を総合すると、発案された靴工兵制度は、公共の利益にまったく寄与しないばかりか、幾千人もの正直で勤勉な靴工たちに苦痛をもたらす、非常に間違った判断で起草された提案だということになる。
靴工代表者たちは、自分たちの意見を他の議員たちに熟知させてくれるよう、衆議院議長に要請した。
彼ら靴工たちは議会から退席する際、衆議院議員に配ってもらうために、ぎっしりと印刷された書類の詰まった大きな箱を置いていった。この書類は、アメリカ在住の靴職人約20人によって署名されている。文面には、発案されている靴工兵制度は得策ではなく、何千人もの貧しい靴職人が必ずしもおきる必要のない大災害に巻き込まれないよう、議員たちがその影響力を行使して廃案に持ち込むよう祈る、と記されている。
この書類はサンフランシスコにある日本語新聞「愛国」の社内で印刷されたものだ。


********
上記のデモを行った靴工たちの名誉のためにも、彼らがいかなる暴力行為や違法行為も犯していなかったという事実を書いておかなくてはならない。
彼らは質素ではあるが、きちんとした服装をまとっており、中には羽織袴を着ている者もいたくらいで、完璧に礼儀正しく振舞った。彼らの主張に同感しないではいられない。

THE JAPAN WEEKLY MAIL』(明治25年12月24日付け)










 

THE SHOEMAKERS DEMONSTRATION・・・・・The shoemakers who assembled recently, to the number of 150, at the House of Representatives to emphasize their protest against the Government,s intention of teaching the Army how to make its own foot-gear, have had to pay for their demonstration. The law forbids such gatherings unless due notice be given and permission obtained from the police. The shoemakers doubtless understood that their action was unlawful. But they also understood that to follow the procedure prescribed by the Regulations would have involved abandoning the demonstration, for assuredly the police would not have given them leave to march in force to the House of Representatives. At all events they have suffered for their act. Summoned before the Tokyo Local Court, two of them were sentenced, on the 27th instant, to pay fines of 12,50 yen each, eleven mulcted in sums of 10 yen each, and the rest were acquitted. Whether the demonstration was intrinsically worth 135 yen, is a doubtful question. If the Authorities have made up their minds, after due investigation, that the interests of the country will be best served by organizing boot and shoe manufactories entirely under military control and with soldier operatives, the apparition of 150 protesting shoemakers at the doors of the House of Representatives is not likely to deter them.

THE JAPAN WEEKLY MAIL』(明治25年12月31日付け)




(英文記事和訳・著者)



・・・靴工たちのデモがもたらしたもの・・・
陸軍兵卒に自前の軍靴の造り方を教えようとする政府の目論見に反対して、数日前、150人にのぼる靴工たちが集結し、衆議院に向けて押しかけた。しかし彼ら靴工たちは、そのデモの代償を支払わなくてはならなくなった。
このような公共での示威行為は、警察に事前に届け出て得られた許可証がないかぎり、法律で禁じられている。
しかし、もし法規に則り、正規の手続きを踏んでいたなら、衆議院への集団示威行為の許可など警察がくれるわけがない。よって、デモは諦めなくてはならないことを靴工たちは知っていた。
違法と知りつつデモを決行するか、警察に許可を申請して断られるか、どちらを選んでも、靴工たちは自らが取った行動の結果に苦しめられることになっただろう。
27日、東京地方裁判所に出頭命令を受けた靴工のリーダーたちのうち、二人にそれぞれ12円50銭、11人にそれぞれ10円の罰金刑が課せられ、残りの靴工たちは無罪放免になった。
彼らが行ったデモが、合計135円の罰金に見合うほどの本質的な価値があったかどうかは疑問の余地が残る。
もし政府が、十分な調査の後に、軍靴の製造は全て軍隊が取り仕切る方が国益に適うと決意を固めていたのであれば、衆議院の玄関口に詰め掛けた150人の靴工たちのデモ隊が、靴工兵制度を思いとどまらせ止めさせることは無理であろう。

『ザ・ジャパン・ウィークリー・メイル』(明治25年12月31日付け)









Wikipedia(ウィキペディア)によると・・・

「日本にデモンストレーションという言葉が紹介されたのは20世紀の初めだとされ、示威行為と訳された。、、、
日本で非暴力を主とするデモが盛り上がりを見せたのは労働条件の改善を訴え1920年から始まったメーデーからであろう。」


著者が新たに発掘した史料により、1920年よりも28年も早い1892(明治25)年に、既に城常太郎が創設した「労働義友会(職工義友会)」日本支部の指導のもと、靴工たちにより、組織的かつ平和的な近代的デモ行進が日比谷が原から帝国議事堂に向けて決行されていたことが判明した。



「◎示威請願・・・・・靴工三百、隊を組みて議院を襲う。事の故は、陸軍営内新に製靴部を設くるの議あり。彼等乃ちその従前の利益を失はんことを恐れ、議院に請願するところあらんがためなりと。我が国に職工のデモンストレーションの俑〔悪例〕を作る。靴工たる者、夫れ或いは後なからんなり。」

『自由党党報』(第二十七号・明治25年12月25日付け)







『日本で初めて労働組合をつくった男』の巻末、

「靴工兵制度反対運動の新聞・雑誌記事全コレクション」
では、合計101の新聞・雑誌記事のタイトルを紹介しています。


体制側の雑誌『経国』は、この事件が国家体制の危機につながる前兆と捉え警鐘を鳴らしている!

■地方新聞『日出新聞(京都府)』は、フランス革命を思い起こさせる事件であると、衝撃報道!

自由党機関紙『党報』は靴工たちに「後なからんなり」と警告!

当時、日本最大の総合雑誌『国民之友』は、靴工たちの一連の運動を最大限に評価して絶賛!

「労役問題は胎内に在らずして、すでに生まれたり。
生まれたるに在らずして、すでに成長せり。」

風刺雑誌『団団珍聞』は漫画を挿入して「日本初のデモ行進」を風刺!

■社会派新聞『横浜毎日新聞』も、このデモ行進を大きな見出しで大々的に報道