日本で初めて労働組合をつくった男【労働運動の原点】





「靴工兵制度反対運動」の誤った歴史認識を正す

★歴史の真実は!



「靴工兵制度反対運動」に関しては、これまで、歴史学者の調査不足や誤認により事実とかけ離れた論考が定説化され、著しく過小評価され続けてきた。それらの論文の一部を検証してみたい。



「靴工の組合/日本靴工の激動・・・・・、、、この日本靴工協会は小規模な製靴業者の同業組合のようである。、、、」

『日本労働運動史料一』





「焦立った靴工は一段と猛烈な運動をしようとしたが、その靴工の使用者である御用商人連はこれを阻止した。これまで暗に靴工の運動の尻押しをして居た彼等は、陸軍の決意固しと見るや、靴工の運動を抑え始めた。彼等は製靴権は奪われたが、まだ革や諸金具の材料を供給する権利は奪われていない。これを他の商人に譲渡されてはたまらぬと考えて靴工を圧迫したのである。封建勢力とこれにまつわるブルジョア勢力の二重の力に圧抑されて靴工は惨敗し、政社法違反として十三名の犠牲者を生んで旗を捲いた。」

『日本社会運動史・資料第一巻』(田中惣五郎)





「軍靴充実と、ストライキ防止策との為に、軍部自身の手で、製靴を行はうとして企てたのが、軍人自身を靴工に養成する為の授産所工長学舎建設であった。兵工養成費十七万円が第四議会の予算面に計上された。之を知って驚いたのは、請負資本家と製靴従業員である。死活問題であるから直ちに動きだした。この動きを利用したのが、自由党左翼の東洋自由党であった。早速製靴従業員を組織して東京製靴協会を結成した。そして大挙示威運動を試みようと云うことになった。生活問題に即していたので、此企てはうまく成功した。約一年間の寿命しかなかった東洋自由党としては、これなどが一番目立った仕事であったろう。」

『歴史科学』(「社会運動空白時代」第二巻・第四号・田中惣五郎)





「なお二十五年日比谷原頭に莚旗を立てて議会に請願した造靴工の運動がある。すなわち東京の造靴工二七九名は相謀って二十一年造靴組合を組織した(郵便報知、二一・一・一四)。その規約には「組合員の徒弟及傭人等其期限内故なく脱するか又は不都合の所為ありて放逐解雇したる時は旧師又は傭主の許諾をえずしては傭入なさざること」(東京経済雑誌、明治二一・一・二八)等があることによっても、それが親方組合であったことが知られる。東洋自由党の一翼としての日本労働協会はこれを自己の組織に加入させ、陸軍が靴工を養成して軍用靴の自給を計ろうとするや、靴工をして莚の旗を立てて議会に請願せしめた(片山、前掲書、一三頁)。しかしこれは靴工の得意先たる御用商人の抑止によって失敗に終った。「国民之友」は「三百の靴工衆議院に迫りて曰く、職を興へよ、又曰く、其業を失ふ以上は、勢ひ社会党たらざるべからずと、是れ軽々に見るべきものにあらず、労役問題は胎内に在らずして巳に生まれたり生まれたるにあらずして巳に成長せり。」(明二六・一・三)と論じているが、職人組合と労働組合の質的差異を把握しえなかった「国民之友」は、ここでも親方組合の運動と職人組合の運動との質的差異を見失っているといわねばならない。」

『日本賃労働史論』(隅谷三喜男)





「、、、東京製靴協会の靴工が、日比谷原頭から蓆旗を押したてて議会に迫ったデモは、職人が親方に操られ、最後に裏切られるという悲劇に終った。、、、東京製靴工の場合は御用商人がその背後にあって糸を引いているので大した意味はない。、、、」

『日本史研究』(「明治二十年代の労働運動」山本四郎)





※多くの歴史学者は、「日本靴工協会」は、明治21年に結成された
業者団体「東京靴工組合」のことであろうと、
勘違いして判断していた。













ー新事実ー



●靴工兵制度反対運動は、アメリカで労働運動を学んできた
城常太郎の主唱によって決行された日本初の
近代的な労働運動だった。



●靴工兵制度反対運動は、日本における近代的な労働団体の嚆矢である
「職工義友会」の指導のもとですすめられた労働運動だった。



●「日本靴工協会は業者組合であった」とする
これまでの通説は誤っていた。

「日本靴工協会」は「職工義友会」の長子として生まれた
日本初の近代的な労働組合だった。

因みに、「加州日本人靴工同盟会」(明治26年)は
「日本靴工協会」(明治25年)と同じ母から生まれた二子であり、
流産に終わった「靴職工同盟会」(明治29年)は三子、
歴史の教科書にも出てくるあの有名な「労働組合期成会」(明治30年)は
末子である。

先般、「職工義友会」の設立母体は
城常太郎の起こした「日本職工同盟会」であることが
判明した。よって、
「労働組合期成会」は城が立ち上げた「日本職工同盟会」の
末孫に当たることになり、「鉄工組合」はひ孫となる。

まさしく、城常太郎こそが日本近代労働運動の
究極の真の産みの親だったのだ。



●「靴工兵制度反対運動は、雇用者側の了解と支援とを背景に始まった」とするこれまでの通説は誤っていた。
「、、、彼れ紳商等は毫も反対の運動をなさざるのみならず、不肖の運動を妨害し、、、」
『遥かに公明なる衆議院議員諸君に白す』(起草者 城常太郎)
 城常太郎が政府案排斥の運動(靴工兵制度反対運動)をスタートさせた明治二十五年九月には、すでに、御用靴商と陸軍省の間には、政府案が通過した上は製靴の原料を上納する密約がなされていた。



●「日本靴工協会」は、この種の団体としては日本で初めて
委員長制を導入し、地方の靴工をも糾合した、
全国組織の職工同盟だった



●「日本靴工協会」は、企業の枠を越えて組織された職工同盟だった。



●「日本靴工協会」は、「士族」、「平民」、「新平民(被差別部落民)」の
垣根を越えて組織された職工同盟だった。



●「日本靴工協会」は「東洋自由党」や「日本労働協会」よりも
先に結成されていた。



●「日本靴工協会は日本労働協会に加入していた」とするこれまでの通説は誤っていた。

「日本靴工協会」は「日本労働協会」に加入していなかった

「◎日本労働協会・・・・・すでに、府下靴工有志者の組織に係る東京靴工協会員三百余名には、不日同会に加盟して大いに運動する所あらんとすと云へり。」
『新東洋』(明治二十六年一月九日 第十四号)



●「靴工たちのデモ隊は、議会の正門前で、警護中の憲兵や
巡査等と大乱闘を引き起こした」
とするこれまでの職工一揆を連想させる通説は
誤っていた。

英字新聞THE JAPAN WEEKLY MAIL』(明治25年12月24日付け)にも記されているように、実際は、極めて平和的で穏やかな抗議デモだった。

おそらく、城常太郎の非暴力の教えが
行き届いていたのであろう。

城は明治30年6月に起こった横浜船大工のストライキを指導した際も、
船大工たちに、集会の場での飲酒や激論の禁止を
呼びかけると同時に、暴力的な行動を慎むよう
徹底してアドバイスしている。



●この日本初のデモ行進は、東京の主要新聞16社のみならず、
日本中の地方紙や外国新聞等でも
大きく取り上げられた。
また、一部の新聞では号外を発行、配布している。
(日本初の労働運動号外)



●靴工兵制度反対運動は、日本史上初めて、この国の労働者が
近代的な手法を用いて、国家権力への組織的な
抵抗を試みたエポック・メーキングな
労働運動だった。







注目すべきは、城常太郎は、
この運動を機として靴工の階級意識を覚醒させ、
更に結束の固い組織を創り上げて、
全国規模の永久の近代的な労働運動に
発展させようとしていた
点である。(注1)

常太郎は、後に取り組んだ「横浜船大工の運動」(注2)や
「清国労働者非雑居運動」(注3)においても、
同様の手法をとっている。






(注1)「◎労働社会の惨状・・・・・既に然り、府下数百の靴工は、今や団体を組織して、大いに全国の同業者を糾合し、正に救済の方法を講ぜんと欲するも、また実に偶然にあらざるなり。」

『新東洋』(12号・明治25年12月18日付け)





(注1)「◎靴職工の同盟まさに起こらんとす・・・・・ゆえに先年、靴工協会を組織せし当時の二の舞をなさず、」

『都新聞』(明治29年12月13日付け)





(注1)「神戸靴工協会は、はるかに祝辞を寄せて同会(労働組合期成会)の発展を祝せりといふ。」

『労働世界』(第十七号 明治31年8月1日)





(注2)「◎労働社会の趨勢・・・・・横浜、東京の船大工は今回の同盟罷工を機として、いよいよ強固なる団体を組織し、進んで気脈を全国の同業団体と通ぜんとするの擧あり。」

『万朝報』(明治30年6月26日付け)





(注3) 「◎清人非雑居の運動・・・・・神戸に催されたる非雑居演説会に臨席せられたる期成会幹事高野房太郎氏の語る所によれば、彼非雑居運動は単に神戸一市に止むるにはあらずして、遠からざる内に一大飛躍を試み全国の労働者を聯合し、又第十四議会に請願書を呈出する等の手順を採るの決心を以って、在神戸有志は運動しつつありと。」

『労働世界』(第四十二号 明治32年8月15日)





(注3) 「◎神戸労働者の運動・・・・・神戸の労働者三万余人清国労働者非雑居運動をなさんとする由は報ぜしが、今度いよいよ清国労働者非雑居期成同盟会なるものを組織し、本部は神戸市栄町五丁目四十三番邸に置き、五府三港其の他樞要の地には追々支部を設くる由。」

『横浜毎日新聞』(明治32年8月23日付け 欄外記事)


「、、、さらに全国樞要の地に地方本部を設け、、、」
『経世新報』(明治24年10月16日付け)
城常太郎が、はるかサンフランシスコから日本の各方面に向けて
送りつけた日本最初の労働運動の檄文!





(注3) 「◎清国労働者非雑居期成同盟会・・・・・神戸市海陸仲仕業者は此の程来集会を重ね、目下世上の一問題なる清国労働者の雑居を不可とし、その意見を内外務両大臣へ陳情し、なおその目的達せんため題号の団体を設け、神戸市内のマッチ、紡績、その他の工場はもとより全国に檄して運動をなすはずにて、不日市内に大演説会を開き異論を喚起する計画あり。その主旨とする処はすでに世の論ずる所のごとくなるが、同地において去る二十五年日の丸事件とて内外労働者使役の上に一大活劇ありたるをもって清国労働者入国の暁、内外の衝突のため如何なる悲劇を演ずるやを憂慮するにあり。
目下加盟者三万人以上にして、その規約は左のごとし。、、、」

『国民新聞』(明治32年7月18日付け)