日本で初めて労働組合をつくった男【労働運動の原点】





城常太郎をトップにあげた雑誌







職工義友会(しょっこうぎゆうかい)

日本大百科全書 』(小学館)

1897年(明治30)4月6日、、、城、沢田がこの組織を復活し、高野に参加を求めて、
日本最初の労働組合結成を呼びかける檄文(げきぶん)「職工諸君に寄す」
を作成、各工場の労働者に配布した。

執筆者:松尾 洋

Yahoo!百科事典より













労働組合期成会【ろうどうくみあいきせいかい】

1897年、城常太郎、沢田半之助、高野房太郎、片山潜らが設立した職工義友会の呼びかけで
労働組合の結成を促進するために組織された労働運動啓蒙団体。

「百科事典マイペディア」の解説

コトバンクより









「労働組合期成会の前身は、職工義友会といふもので、是は明治廿三年仲夏米国桑港において
当時同地に労働して居った城常太郎、高野房太郎、沢田半之助氏等十名余の労働者に依って組織せられ、
其の期する所は欧米諸国における労働問題の実相を研究して他日我日本における労働問題の

解決に備へんとするにあった。而して明治廿九年の末に到り彼等多くは帰朝し、
沢田半之助及城常太郎両氏は東京麹町区内幸町に職工義友会を起し左の如き印刷物を普く各工場に配布した。
(『職工諸君に寄す』の文を掲載)、之に先だち義友会は元桑港において義友会員の一人たりし人で
当時横浜の洋字新聞アドバアタイザアの記者であった高野房太郎氏を勧めて運動員とし、
氏の勧誘によって片山潜氏及鈴木純一郎氏も運動員に加へた。
斯くして明治三十年六月二五日神田の青年会館において第一回労働演説会を開いた。」

『日本労働年鑑』(第一冊 大正九年 大原社会問題研究所編)












「1897(明治30)年には、、、4月に城常太郎らによる職工義友会がつくられました。、、、7月には、アメリカで労働組合運動を学んだ高野房太郎、片山潜が労働組合期成会を結成し、全国を遊説して労働組合の結成をよびかけました。」

『学習の友』(「日本最初の労働組合」犬丸義一 1997年10月号」)













「明治二十九年アメリカのサンフランシスコで職工義友会を組織していた城常太郎らが帰朝し、高野房太郎、佐久間貞一、島田三郎、松村介石、片山潜らと共に、明治三十年労働組合期成会を設立した。」

『月刊福祉』(52の5「片山潜」吉田久一)」












「組合の設立に最も與って力あったのは、明治三十年四月、城常太郎氏等米国帰りの職工が、片山潜氏、高野房太郎氏外十名の知識階級に属する人々を中心として東京に起こした所の「職工義友会」である。」
『社会政策大系第四巻』(「労働運動及無産者政治運動」長谷川良信・大東出版社・昭和二年七月二十日発行)














「片山潜年譜・・・・・明治30年(39歳)・・・・・城、沢田らの組織した職工義友会を支援」

『片山潜選集第一(伝記編)』(真理社発行)









「◎労働運動の成長・・・・・米国で自由労働者となって勉強し、労働運動も研究してきた城常太郎、沢田半之助等の人々が米国のAFL(米国労働総同盟)の組織を日本に移し植え様として、三十年四月東京に「職工義友会」を起こし、「職工諸君に寄す」という檄文を各工場に普く配った。この運動には更に横浜の英字新聞「アドバタイザー」の記者をしていた高野房太郎、東京神田でキングスレー館を開き、社会主義の宣伝に努めていた片山潜等が加わり、佐久間貞一、松村介石、島田三郎等亦た之に賛助して、ついに三十年七月「労働組合期成会」が創立されるに至ったのである。」

『日本社会主義史講和』(横溝光暉・松華堂書店・1928年発行)








「明治30年に、「労働組合期成会」という労働者団体が生まれた。労働運動の先駆者である城常太郎、高野房太郎、片山潜等によって結成されたものである。」

『職業安定行政史』(雇用問題研究会・中島寧綱・1988年発行)









「明治三十年、アメリカから帰った城常太郎、高野房太郎ら数名の進歩的労働者は職工義友会をつくり、日本労働運動史上最初のビラといわれている「職工諸君に寄す」を配布した。」

『歴史科学大系第二十五巻』(「近代的労働運動の序幕」渡辺菊雄)