山路愛山



明治のころ、本気でこの国を「働く者の楽園」に変えようとした靴職人がいた!

    クリック↑ (トップページ) 



「◎山路愛山氏逝去/腸の疾患のため・・・・・愛山山路彌吉氏は平素より腸の疾患ありしが、去月下旬来病勢募り赤十字病院長平井博士の診療を受け府下渋谷の自宅に静養中なりしが、」

『東京朝日新聞』(1917年3月17日付け)