山縣有朋





明治のころ、本気でこの国を「働く者の楽園」に変えようとした靴職人がいた!

    クリック↑ (トップページ) 









山縣有朋



































伊藤侯爵                   山縣侯爵
『太陽』(19号 明治30年1月20)



























前列中央が山縣有朋






































































逝去せる山縣有朋公

◎今日の問題・・・・・山縣老公病篤うして松方老侯と相見ゆ。是こそほんとうの古木?寒厳三冬無暖気だ。何等の悲惨事ぞや。」

『東京朝日新聞』(大正11年2月2日付け)














































































トップページ