犬養毅



明治のころ、本気でこの国を「働く者の楽園」に変えようとした靴職人がいた!


    クリック↑ (トップページ) 








犬養毅


































◎首相官邸等襲撃事件詳報/犬養首相遂に絶望か/三上海軍中尉ら十八名憲兵隊へ自首し出づ・・・・・狙撃された犬養総理は官邸内で、田中氏は犬養健氏の官邸に?込み青山博士、木村博士がかけつけ手当て中である首相は最早絶望の態となり午後六時千代子夫人、令息健氏、芳澤外相その他近親者枕頭に集まっている。」

『読売新聞』(昭和7年5月15日付け/号外)














































































◎狙撃されて再び起たず/犬養首相遂に絶命す/昨夜十一時二十六分官邸で・・・・・十五日午後五時半頃、首相官邸にて壮漢九名に襲撃されピストルの弾丸二発を頭部に受けて危篤に陥った犬養首相は午後六時二十分帝大から監田博士来邸、甥正氏の血液をとって首相に輸血を行なうと共に茂木、青山、平井、武井、宗像の各国手もかけつけ応急手当をなしたが首相は最早絶望状態となり午後六時千代子夫人、令息健氏、芳澤外相その他近親者枕頭に集まり看護をなしつつあったが遂に再び起たず午後十一時二十六分絶命した。享年七十八。」

『読売新聞』(昭和7年5月16日付け)








































































































































































トップページ