後藤新平



明治のころ、本気でこの国を「働く者の楽園」に変えようとした靴職人がいた!

    クリック↑ (トップページ) 









後藤新平



















前列向って左から三人目が後藤新平





































































後藤伯の遺骸を移す/ボーイスカウトの手で安置室へ


◎今朝五時三十分後藤伯遂に逝く/花にそむきて旅先京都にて/遺骸は明朝帰京・・・・・去る三日岡山に講演に赴く途中列車内で卒倒し以来京都府立病院に入院、去る十一日以来幾度か危篤を伝えられつつも一進一退、不思議な健康の所持者といわれていた後藤新平伯は十三日拂暁よりにわかに病勢昂進し飯塚、浅山両博士の加療も効なく同午前五時三十分家族近親等に護られて遂に逝去した。行年七十三、遺骸は十四日午前九時二十分東京駅着の列車で麻布桜田町の本邸に移し正式に喪を発する由。」

『東京朝日新聞』(昭和4年4月14日付け)











































トップページ