谷干城



明治のころ、本気でこの国を「働く者の楽園」に変えようとした靴職人がいた!

    クリック↑ (トップページ) 






谷干城

























谷干城





































































◎谷子爵終に逝去/嗚呼此名士を失ふ・・・・・久しく尿毒症に悩み先月十三日以来昏睡状態に陥りしばしば危篤が伝えられたる子爵谷干城(七十五)氏は昨日午後五時半を以って終に牛込区市ヶ谷森の自邸において逝去せり。
◎臨終前の将軍・・・・・子爵は十一日夜までは尿量等も増加し脈拍体温等も普通にて経過やや良好を示したれば看護の人々も」

『東京朝日新聞』(明治44年5月14日付け)






















トップページ