正岡子規


明治のころ、本気でこの国を「働く者の楽園」に変えようとした靴職人がいた!

    クリック↑ (トップページ)                                     










正岡子規



















正岡子規












正岡子規


















◎正岡子規氏逝く・・・・・八年病?に在って俳壇を革新し病重きも「墨汁一滴」に筆を絶たず其の益々篤きに及んでは猶口授をもて「病状六尺」を廃せざりし子規子(伊予松山の人)は一昨十九日午前一時を以って竟に逝けり。享年三十六、辞世
糸瓜咲て痰のつまりし仏哉
啖一斗糸瓜の水も間に合はず
おとといの糸瓜の水もとらざりき」

『東京朝日新聞』(明治35年9月21日付け)




















◎正岡子規居士を悼む・・・・・」

『東京朝日新聞』(明治35年9月22日付け)




















「子規居士之写生」

『東京朝日新聞』(明治42年1月15日付け)























◎思軒居士、子規子の俳句を改竄す・・・・・」

『読売新聞』(明治30年2月27付け日)


















◎思軒居士の事実相違・・・・・」

『読売新聞』(明治30年3月1付け日)



























◎正岡子規氏逝く・・・・・」

『読売新聞』(明治35年9月20付け日)













トップページ