河野敏鎌


明治のころ、本気でこの国を「働く者の楽園」に
変えようとした靴職人がいた!
クリック↑(トップページ)




「河野子爵逝去・・・・・従二位勲一等子爵河野敏鎌氏は予て病気の処一昨二十四日午後十一時竟に逝去せり。其の危篤に望み特旨を以て位一級を進め従二位に叙せらる。」

『東京朝日新聞』(明治28年4月26日付け)